<幅広い医療事務の仕事内容・大人気!医療事務の資格のすべて

幅広い医療事務の仕事内容

今、注目の職業である「医療事務」。
医療事務と聞くと、なんとなく病院やクリニックなどの受付の内側で、制服を着て働いている女性のイメージを思い浮かべる人も多いでしょう。
患者さんの名前を呼んだり、診療や検査の手続きをしたり、医療費の計算をする事務職というイメージの強い医療事務ですが、実際はそれだけではありません。
もちろん基本的には受付で、患者さんの初診、再診によって保険証を確認し受付の手続きをしたり、診療内容のデータをカルテに記入し、その整理をしたりなどの仕事をします。
さらに、社会保険や国民健康保険など、患者さんの入っている保険によって医療費を計算します。
患者さんに請求した分の残りは、その加入している保険に請求しなければならないので、「レセプト」と呼ばれる診療報酬明細書の作成をします。
その他にも、患者さんの名前を呼ぶだけではなく、患者さんの体調や状況を見て、診察室や検査室に案内をする仕事をしたり、小さなクリニックでは看護師さんの補助としてお手伝いをすることも求められます。
また大きな病院の場合は、患者さんの入退院の手続きなどを行うことも多いのです。
つまり、医療事務という仕事は、勤務先の医療機関の規模や方針によって、自分が受け持つ仕事の範囲が異なることがあるのです。
パソコンに向き合い正確な計算だけできれば良いということではなく、体調の悪い患者さんと直接接する場面も多いので、接客の技術も必要。
にこやかな笑顔や、思いやりのある対応など、優しさのある人との接し方も求められるのです。
Copyright (C)2018大人気!医療事務の資格のすべて.All rights reserved.