<絶対に取得しなければならないスキル・大人気!医療事務の資格のすべて

絶対に取得しなければならないスキル

もし医療事務の仕事に就きたいのであれば、絶対に取得しなければならないスキルがあります。
いくら勤務先の医療機関によって自分の受け持つ仕事の範囲は異なるとは言っても、医療事務という仕事は、基本の「事務作業」をきちんと身につけてなければいけません。
まず大切なのは「会計業務」。
社会保険、国民健康保険、後期高齢者保険、介護保険など、病院で患者さんが使う保険は年齢や立場によって異なります。
そのため、それらの保険の特性や違いを把握し、それぞれの保健負担分と患者さんの負担分を間違えのないよう、正確に算出しなければなりません。
またいくら正確にとは言っても、モタモタと時間をかけていたら受付は混雑してしまいます。
素早く正確に計算するスキルが求められるのです。
そして肝心の診療報酬明細書(レセプト)の作成では、国に定められた算出法により、初診料や診察料、検査・注射・薬などの料金等の医療費を、1点10円で計算します。
合計の金額のうち、もし患者さんが国民健康保険であれば3割を患者さんに請求し、残りの7割を健康保険組合に請求するのでその明細をレセプトに記入します。
そのために、各種の保険の負担金額の違いや、初診料や再診料の違い、よく処方される薬などの点数などもきちんと把握し正確に記憶することが大切なのです。
これらのスキルは就職して現場で覚えるという方法もありますが、前もって勉強し、そのスキルがあると認定される資格を有しているほうが、確実に就職に有利になります。
Copyright (C)2018大人気!医療事務の資格のすべて.All rights reserved.