<合格率が高めのポピュラーな資格・大人気!医療事務の資格のすべて

合格率が高めのポピュラーな資格

初めて医療事務の資格取得を目指す!という人は、あまりにも資格の種類が多くでとまどう場合も多いでしょう。
全くの未経験からスタートする場合、比較的合格率の高い資格から挑戦するのも良いと思います。
合格率は65%と高めの「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク(R))」なら、年間5万人以上の人が受験する、最大規模の全国統一試験なので受験し易いでしょう。
医療事務技能審査試験この医療事務技能審査試験は、医療事務の基本能力であるレセプト業務にプラス、患者接遇、院内コミュニケーション能力など総合的な医療事務の能力を証明してくれる資格です。
試験は歯科と医科があり、それぞれに1級と2級があります。
ただし、この試験を受けるには、通信講座の過程を経るか、実務を経験してからでないと受験できません。
2級の場合は、教育機関が行う教育訓練のなかで「2級試験の受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合する人、もしくは医療事務職の実務経験が半年以上ある人が受験条件。
そして1級の場合は、2級同様に「12級試験の受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合する人、医療事務の実務経験が3年以上ある人、2級合格者で医療事務の実務経験が1年半ある人のいずれかに当てはまる人であることが受験条件です。
医療事務技能審査試験この資格の場合は初心者で経験もなく独学の場合は挑戦することはできないので、ほとんどの人が通信講座で一定の講座を修了してから受験しています。
通信講座では「ニチイ」がこの医療事務技能審査試験資格講座を設けています。
Copyright (C)2018大人気!医療事務の資格のすべて.All rights reserved.